外為オンラインの1000通貨で取引するのに適した通貨

外為オンラインの1000通貨の取引は手軽に取引ができると言うこともあって非常に魅力的ですが、実際にどの通貨ペアの取引をすれば良いのかと言うことがまず問題となります。外為オンラインで1000通貨の取引ができる通貨ペアはたくさんありますが、その中で最も多くの人が取引しているのはドル/円です。なぜドル/円が多く取引されているのかを把握しておくことは大事なことです。円が取引されているのは、日本だからだと考えれば分かるでしょう。なぜドルなのでしょうか。ポンドやユーロではなくてドルであるのには理由があります。ここでいうドルというのは、言うまでもなくUSドルです。そもそもUSドル、あるいはアメリカドルと言わずに、「ドル」ということについてもなぜなのか疑問になる人も伊あるでしょう。その理由は、ドルが基軸通貨だからです。基軸通貨とは、貿易決済に用いられる通貨を意味します。

たとえば、日本の企業とドイツの企業とが取引をする場合、日本円で代金の決済をすることもありますし、ユーロで決済をすることもありますが、大半はドルで行われます。世界各国で、ドルが貿易の決済通貨として用いられているからです。これが基軸通貨という意味です。ドルが基軸通貨であるということは、つまり特別な通貨だと言っても良いでしょう。そのために多くのところで取引がなされていて、世界的に見れば最も多くの取引がなされています。日本の企業も、日本円に次いでドルを多く取引しています。このようなことを考えれば、日本でドル/円が多く取引されている理由は分かるでしょう。多く取引されているために、統計的な処理を行いやすく、従ってテクニカル分析をしやすいという傾向があります。外為オンラインで1000通貨の取引をするのなら、もちろん通貨ペアを選ぶことが必要となりますが、どの通貨ペアを取引するべきなのかを迷ったのであれば、まずドル/円の取引が適しているでしょう。